Concept

ダミー文章です。ITO建築設計事務所では3つのコンセプトを大切にしています。

精緻を極めた住空間

  • 精緻を極めた住空間が生む
    良質なくつろぎ

    多くの家族が、「家」というひとつの箱の中で、永い間、時を過ごします。多くの感動が生まれるその箱は、家族の愛を育む場所、知人との交流の場所、大切な子どもを成長させる場所…。 ITO建築設計事務所は、そんな大切な箱をつくっています。
    家族の愛を育むために、住み心地にこだわり、あなたらしさを創り出す、独創的なプランニング。知人との交流を心地よく演出するために、外観からエントランス、水まわりまで、他の家とは一味違うデザイン。そして、大切な子どもを大人へと成長させるために、安心と健康を重視した、素材や構造へのこだわり。それが、家族の新しい絆となります。
    私たちITO建築設計事務所は、そんな家族の絆が末永く続くよう、あなたの想いを形にし、良質なくつろぎを生み出す住空間をご提案しています。

  • ひとつひとつ、丁寧に、
    時間をかけて

    家づくりには、数ヶ月という長い期間を要します。だからこそ、ひとつひとつの打ち合わせや作業には、労を惜しまず、できる限りの時間をかけたいと私たちは考えています。
    ITO建築設計事務所には、ハウスメーカーのようなモデルハウス、モデルプランはありません。現場に立ち、周囲の環境を見ながら、一棟一棟時間をかけてプランを思考し、想像します。大切なことは、必要十分なプランニングと、しっかりとした施工監理を行うことです。そこをおろそかにしていたら、決して良い家には仕上がりません。
    大量生産された既製品を使用するのではなく、ひとつひとつをオリジナルで丁寧に仕上げる。それが、ITO建築設計事務所の家づくりの基本です。

やわらかいもの×かたいもの

  • 家づくりのテーマは
    「やわらかいもの」×「かたいもの」

    見た目の印象はもちろん、手や足で触れた時の感触は長く住み続けていくうえで安らぎに繋がる必要な要素です。
    ITO建築設計事務所は、「やわらかいもの」×「かたいもの」をコンセプトに、お客様ひとりひとりの想いやライフスタイルに添った住まいを完全自由設計でつくります。「やわらかいもの」とは、無垢材や土、植物など、自然から生まれた手触りも見た目にもソフトなもの。一方の「かたいもの」とは、鉄やステンレスなどの金属やコンクリートなど。こうした異なる素材を効果的に組み合わせることで、空間にメリハリを生み出し、さらに光と影をバランス良く配して、洗練された住空間を実現しています。

  • 自然素材でつくる、
    本物志向の家

    ハウスメーカーや口ーコストビルダーの住宅は、新たに生み出された技術や加工方法によって開発された、いわゆる「新建材」という材料を用いて建てられています。これは、安価であり、製品として安定していて、扱いやすい材料だからです。しかしながら、値段の安さや熟練した技術が不要といった理由から、こうした材料を安易に使用して、果たして「いい家」ができるのかと聞かれれば、それは正しいとは言い難いと思います。
    自然から生まれ自然に還すことのできる材料を、適材適所で選び用いること。これはこれからの家づくりにとっては当たり前のことだと思うのです。こうした材料をひとつひとつ丁寧に形にしていくことが、私たちの使命だと考えています。

オリジナル家具提案

  • オリジナル家具で
    イメージ通りの空間を実現

    ITO建築設計事務所では、オリジナル家具・オーダー家具のデザイン・製作にも力を入れています。家全体の世界観を統一することでその中に居心地の良さが生まれ、より一層あなたらしい家になります。
    家具をオーダーするというと敷居が高いように思えますが、本当に自分が満足できて、心地よく生活するためには、絶対になくてはならないものだと思います。
    「持っている家具と同じ色のテーブルがほしい」「壁にぴったり納まるテレビ台がほしい」「あふれた本をすっきり収納したい」など、さまざまなご要望にお応えしています。

  • 思いのままに、
    オーダーキッチン

    自分だけのライフスタイルを楽しめる時代になった昨今、住宅に求められるご要望も十人十色です。中でもキッチンは、家族がみんなで食事をする場所、家族の健康を守る場所、家族とコミュニケーションをする場所、その他にもさまざまな役割を持つ大切な場所です。
    ITO建築設計事務所では、無垢材やステンレス、モールテックスなど、さまざまな素材を生かしたフルオーダーキッチンのご提案もしています。レンジフード、水栓金具、食洗機などの機器のご要望にも臨機応変に対応します。

このページのトップへ